U-クリニック五十嵐歯科 歯科医師臨床研修プログラム
研修プログラム
 
1.ベーシックコース(基本習熟コース)

(1)医療面接

【一般目標】
 患者の立場を理解し、患者のニーズに配慮した歯科医療を個々の歯科医師が独立して実践する為に、基本的な歯科診療に必要な臨床能力を身につける。

【行動目標】
  1 . コミュニケーションスキルを実施する。
  2 . 病歴(主訴、現病歴、既往歴及び家族歴)聴取を的確に実施する。
  3 . 病歴を正確に記録する。
  4 . 患者の心理・社会的背景に配慮する。
  5 . 患者・家族に必要な情報を十分に提供する。
  6 . 患者の自己決定を尊重する。(インフォームドコンセントの構築)
  7 . 患者のプライバシーを守る。
  8 . 患者のQOLに配慮する。
  9 . 患者教育と治療への動機づけを行う。
 10. 指導歯科医へ正確な情報を伝達する。

(2)総合診療計画

【一般目標】
 客観的な根拠に基づく効果的な歯科診療を行う為に、基本的な各種検査手段と診断技術並びに総合診療計画の立案に必要な知識、態度、技能を身につける。

【行動目標】
 1 . 口腔顎顔面領域の基本的な診察・検査を実践する。
 2 . エックス線検査の必要性とリスクを説明する。
 3 . 歯科用及びパノラマエックス線検査を行う。
 4 . 得られた医療情報を基に診断する。
 5 . 適切と思われる治療法及び選択肢を列挙する。
 6 . 診察・検査、治療法および予後を分かりやすく患者に説明する。
 7 . 十分な説明による患者の自己決定を確認する。
 8 . 他の医師・歯科医師や医療従事者との連携を考慮する。
 9 . EBMに基づいた一口腔単位の総合診療計画を作成する。

(3)予防・治療基本技術

【一般目標】
 歯科疾患と機能障害を予防・治療・管理する為に、必要な基本的技術を身につける。

【行動目標】
 1 . 基本的な予防法の手技を実施する。
 2 . 基本的な治療法の手技を実施する。
 3 . 医療記録を適切に作成する。
 4 . 医療記録を適切に管理する。

(4)応急処置

【一般目標】
 一般的な歯科疾患に対処する為に、応急処置を要する症例に対して、必要な臨床能力を身につける。

【行動目標】
 1 . 痺痛に対する基本的な治療を実施する。
 2 . 歯、口腔及び顎顔面の外傷に対する基本的な治療を実践する。
 3 . 修復物、補綴装置等の脱離と破損及び不適合に対する適切な処置を実践する。

(5)高頻度治療

【一般目標】
 一般的な歯科疾患に対処する為に、高頻度に遭遇する症例の治療に必要な臨床能力を身につける。

【行動目標】
 1 . 歯周疾患の基本的な治療を実践する。
 2 . ウ蝕の基本的な治療を実践する。
 3 . 歯髄疾患の基本的な治療を実践する。
 4 . 抜歯術の基本的な手技を実践する。
 5 . 咬合・咀嚼傷害の基本的な治療を実践する。

(6)医療管理・地域医療

【一般目標】
 歯科医師の社会的役割を果たすために必要となる医療管理・チーム医療・地域医療に関する知識、態度、技能を身につける。

【行動目標】
 1 . 保険治療を実践する。
 2 . 保険診療の内容を記載する。
 3 . 診療報酬を算定する。
 4 . チーム医療を実践する。
 5 . 地域医療に参画する。


2.アドバンスドコース(基本習得コース)

【一般目標】
 生涯にわたる研修を行う為に、より広範囲の歯科医療についての知識、態度、技能を習得する姿勢を身につける。

(1)救急処置(大学病院)


【一般目標】
 歯科診療で起こりうる緊急事態に対応する為に、必要な救急処置に関する知識、態度、技能を習得する。

【行動目標】
 1 . 重篤な偶発症の対処法を説明する。
 2 . 二次救命処置を説明する。
 3 . 下顎挙上法による気道確保を実施する。
 4 . 麻酔器、マスクによる人工呼吸を実施する。
 5 . 末梢静脈路確保を実施する。

(2)医療安全・感染予防

【一般目標】
 円滑な歯科診療を実施する為に、必要な医療安全・感染予防に関する知識、態度を習待する。

【行動目標】
 1 . 医療安全対策を説明する。
 2 . アクシデント及びインシデントを説明する。
 3 . 医療過誤について説明する。
 4 . 院内感染対策を説明する。
 5 . 院内感染対策を実践する。

(3)経過評価管理

【一般目標】
 自ら行った治療の経過を観察評価し、安定した予後を確立する為に、診断及び治療に対するフィードバックに必要な知識、態度を習得する。

【行動目標】
 1 . リコールシステムの重要性を説明する。
 2 . 治療の結果を評価する。
 3 . 治療の予後を推測する。

(4)予防・治療技術(大学病院)

【一般目標】
 生涯研修のために必要な専門的知識や高度先進的技術を習得する能力を身につける。

【行動目標】
 1 . 専門的な分野の情報を収集する。
 2 . 専門性の高い治療に参画する。
 3 . POS(ProblemOrientedSystem)に基づいた医療を説明する。
 4 . EBM(EvideneeBasedMedicine)に基づいた医療を説明する。

(5)医療管理

【一般目標】
 適切な歯科診療を行う為に、必要となる医療管理に関する知識、態度、技能を習宿する。

【行動目標】
 1 . 歯科医療機関の経営管理を説明する。
 2 . 必要に応じた医療情報の収集を行う。
 3 . 適切な放射線管理を実践する。
 4 . 医療廃棄物を適切に処理する。
 5 . 電子媒体を使用した医療記録について説明する。
 6 . 電子媒体を使用した診療報酬の算定を説明する。

(6)地域医療(大学病院)

【一般目標】
 歯科診療を適切に行う為に、地域医療に必要な能力を習得する。

【行動目標】
 1 . 地域歯科保健活動を説明する。
 2 . 歯科訪問診療を説明する。
 3 . 歯科訪問診療を体験する。
 4 . 医療連携を説明する。


3.特別研修

生涯にわたる研修を行う為に、より広範囲の歯科医療についての知識、態度、技能を習得する姿勢を身につける。

(1)一般社会人マナー学習

【一般目標】
 歯科医師の前に一般社会人としての必要なマナーを習得する。

【行動目標】
 1 . 一般社会人として必要な身だしなみや態度を確認する。
 2 . 一般社会人として必要な身だしなみや態度を確認する。

(2)3人称会話の習得

【一般目標】
 チーム医療を実践していく上で必要な、3人称会話を習得する。

【行動目標】
 1 . スタッフや医師間での口頭での申し送り、患者との会話を習得する。
 2 . スタッフや患者との会話をカセットなどで録音し、自分の言動を確認する。

(3)指導歯科医への所見報告の習得

【一般目標】
 患者の症状を迅速に判断、診断し、指導歯科医に所見報告を簡潔・的確にできる。

【行動目標】
 1 . 臨床医として最低限必要な口頭での所見報告の仕方を習得する。

(4)全身管理(病棟研修:北海道医療大学病院、日本歯科大学新潟病院)

 当院では、全身管理を学習するために、一定期間大学での研修を行う。
研修の内容は以下の通りである。

 ・口腔外科病棟において、入院下での患者の治療・管理に、担当医チームの一員として参画する。
 ・入院患者の担当医となり、指導歯科医とともに、治療計画、患者説明、手術周術期管理、担任指導を行う。
 ・静脈内鎮静法患者の麻酔・全身管理担当として、治療計画、患者説明、麻酔管理、周術期管理、退院指導を行う。
 ・電子カルテを使用した医療管理について研修を行う。

11へ  2へ  3へ